消費者金融を利用する目的って?どうして借入する事に?

> > 引越し費用のために借り入れ

引越し費用のために消費者金融で借り入れ

日頃の生活ではお金のやりくりも問題なくできている方でも、
引越しの際にはそれなりの費用が必要になりますね。
特に賃貸物件から賃貸物件への引越しにおいて、基本的に敷金は
還ってくるものではありますが、長年住んでしまうと壁紙の張替えや清掃などに
多くのお金がかかってしまうため、敷金もほぼ還ってこないという場合もあります。
もし還ってくるとしても引越しが済んだ後になります。

さらに、新居の契約にも敷金・礼金が必要です。最近では敷金1、礼金1
などというように、以前と比べると安くなってきているともいえますが、
首都圏の交通の便の良いエリアのワンルームでは家賃は
およそ7万円を下回ることは難しいです。

7万円の家賃の部屋に引っ越すとして、敷金1、礼金1であっても
7万円×3=21万円、さらに仲介手数料で家賃1ヶ月分であれば
28万円という金額になります。

これぐらいの費用がかかるわけですから、
引越し専用のローンとかがあってもおかしくない気もしますが、
よくよく考えてみるとそういった目的ローンは存在しないのが現状です。
家賃がもっと高い間取りも当然あるわけですから、
もっと多くの費用が必要になることも多いのに、
他のさまざまま目的ローンはあっても引越しのためのローンが存在しない
というのも不思議といえば不思議ですね。

フリーローンで全額を借りる、または足りない分だけ借りる

引越しの為の費用を借りる手段としても、
やはり銀行や消費者金融のフリーローンが選択肢となってきます。
銀行で借りるほうが低金利という点では有利ですが、
審査に時間がかかったり、通りにくいという点がやはりネックになってきます。

新居の契約って、気に入った物件が見つかった場合などには、
出来る限り早く契約をしないければならないケースもあります。
手付金を払ってしばらくの期間、他の人との契約を止めてもらうこともできますが、
とめておける期間には限度があります。

こういったときに迅速に融資を受けることができる消費者金融ならば、
すぐに引越し費用を準備することができます。
もしも翌月がボーナス月などという場合なら、
無利息サービスを利用すれば金利0円で金利負担なく借り入れが可能です。

借り入れの際は家賃とのバランスを

引越し費用を借り入れる場合に注意したいのは、
引越し後の家賃と月々の返済金額のバランスです。
引越し後はそれまでよりも家賃が高くなるというケースもありますし、
家賃は変らない場合でも、家具や日用品が必要になったりして
想像以上にお金が必要となるケースが多いです。

引越し費用に限った話ではありませんが、借り入れの際には
無理のない返済計画を立てた上で利用することがやはり重要になってきますね。