消費者金融を利用する目的って?どうして借入する事に?

> > クレジットカードで買い物しすぎてキャッシング

クレジットカードで買い物しすぎてキャッシング

クレジットカードを利用してのショッピングはとても便利ですね。
現金をもっていなくても手軽にお買い物を楽しめます。最近ではアマゾンや楽天など
ネット上での通販もカード決済を利用できるのが当たり前になってきた上に、
ポイントが加算される付加サービスも充実しているので、
現金で買うよりもお得だったりもします。

とても便利なカードショッピングですが、
いくら買い物で利用したか?実際に現金が減るまで(請求がくるまで)に
タイムラグがあるため把握しにくく、思っていたよりも買いすぎてしまった
ということもあります。

また、お店やサイトによっては締め日が違っていたりするので、
実際の請求は翌月だったり翌々月だったりすることも多々あります。
こればっかりは、実際に利用してみないとわからなかったりもしますので、
請求が来て金額に驚いてしまうということも少なくありません。

しかし、クレジットカードの支払いに遅れたり、滞ってしまうと、
その履歴は個人信用情報に記録されてしまい、
最悪の場合は次からの借入れが出来なくなってしまう場合もあります。
もしもカードの請求額が予想以上に大きくなってしまった場合でも、
なんとかして遅延することなく返済しておくほうが無難です。

こういった場合、どうやってそのお金を工面するのか?といいますと、
お急ぎでも借入れできる可能性が高い、消費者金融が最も確実な選択肢となってきます。

借入れの返済のための借入れ

しかし現実的には、住宅ローン返済の為の借入れや、
消費者金融での借入の返済の為の借入と同様に、できれば避けておきたい利用目的です。

ただ、これらの場合よりも金額が小さくてすむ可能性が高いのと、
金額が小さいからこそ、ボーナスや臨時収入での返済を見込めるケースも考えられます。

こういったごく限られた状況であれば、
消費者金融で借り入れて返済に充てるのも、ひとつの選択肢でしょう。
ただし、カードでのショッピングよりも高金利となることがほとんどですから、
もし可能なら無利息での借入サービスを利用したほうが無駄がありません。

クレジットカードを利用してのショッピングにおいて、利用金額が大きくなってしまうという方は、もしも消費者金融を利用した場合にも、やはり借入残高がわからなくなってしまうことが考えられます。というのも消費者金融の借入はリボ払いが一般的で、いくら借りているのかよりわかり難い性質があるからです。そうなってしまうと複数社からの借入、多重債務へと繋がってしまわないとも限りません。カードショッピング利用の段階で、利用金額をしっかりと把握して利用することをできる限り心がけましょう。