消費者金融を利用する目的って?どうして借入する事に?

> > 交際費など付き合いにかかるお金

交際費など付き合いにかかるお金が足りない

生活費が足りない! 生活費の補填とつなぎで生活費が足りない話しをしたのですが、
交際費についても、付き合いに結構お金がかりますね。
男性・女性に分けて考えると

男性の場合

  • 後輩と飲みに行く時は奢り
  • ビジネス上の付き合い
  • 接待

男性の場合の付き合いは後輩や上司などと仕事終わりに飲みにいったり、
クライアントの接待だったり、仕事関係でお金がかかります。

しょうがない部分ですが、回数が多くなってしまうと当たり前ですが、
足りなくなってきます。後輩との場合は特に、奢る事が基本となっている場合も
あり、お金が必要になります。

女性の場合

  • ママ友の会
  • 女子会
  • 会に参加する時の服

女性の場合も最近よく聞く「ママ友会」「女子会」などで、
お金を使っているとよく聞きます。

女子会などでは主婦の方が昼から居酒屋などで女子会を行っていたり、
同様に、カフェやちょっとおしゃれな所でママ友会・女子会を行っていたりします。

金銭感覚が似ている人通しの会ならいいのですが、
金銭感覚が違うととても大変です。
新しい洋服が必要であったり、ママ友会の場合であれば、
子供の洋服なども気を使って 購入するようです。

男性も女性も、交際費が足りなくて消費者金融を利用する人も多い理由もわかる気がします。

交際費が足りない場合の対策

どうしても必要な交際費はしょうがないと思いますが、
かならず必要のない交際費も あると思います。
付き合いはとても大事ですが、それで毎月、赤字になっていては
先が思いやられます。

ボーナスなどが必ず出て、その範囲内で使っていればまだ良いのですが、
ボーナスは必ず出るとは限りませんし、もしかすると予定より少なくなる可能性もあります。

やはり、月の給料の範囲内で交際費をまかなう必要があります。

支出の優先順位があると思うので、交際費がどれぐらいの順番になるかは
個人で違うと思います。 この交際費を節約できないのであれば、
当たり前ですが、他にかかる費用を節約して交際費に持ってこなければいけません。
返済は待ってくれないので、どこかで節約して返済する必要があります。
また付き合いを大事にする為に毎月借入は絶対にダメです。
そのうち付き合いもできなくなるでしょう。